この記事の読了目安は約 6 分です。

 

こんにちは、さだです。

 

カナダに居るうちに

1度は行こうと思っていたイエローナイフ。

 

その理由はやっぱり

オーロラを見たいから。

 

冬のシーズンがいいと聞いたけど

僕は夏に行くことにしました。

その理由は友達がイエローナイフにいるから。

 

友達が10月頃までしかいないから、

それまでに行こうという話になりました。

 

そして夏のイエローナイフとは一体どんなものなのか

冬のオーロラとは何が違うのかを調べつくしてみました。

以下に結果を記します。

スポンサーリンク




冬よりいいんじゃないかと思った夏のオーロラ

オーロラが見える理由と3つの条件

参考サイト

http://auroranavi.com/auroranavi/whataurora.html

オーロラとはそもそも何か?

太陽から放出されたプラズマ粒子が

地球の大気とぶつかることで発行し

オーロラが発生します。

 

例えると

太陽からミサイルが発射され

地球のバリアに当たって光を出す感じです。

オーロラ・オーバルにいること

オーロラが見える特定の地域のことを

オーロラ・オーバルと呼びます。

カナダ北部もそれに属します。

雲がなく晴れていること

地上から100~500㌔の地点に

オーロラが出現すると言われています。

 

そこよりも低い場所に雲があると

オーロラは見えません。

周りが暗闇なこと

オーロラは雲と見間違えるくらいの弱々しい光です。

辺りが明るいと見えません。理想は新月の夜。

 

ちなみにイエローナイフは5~7月は白夜のため

オーロラが出現していたとしても

肉眼では確認できません。

 

上記4つの点を押さえれば

夏でもオーロラが見えるということですね!

さらに夏のオーロラ鑑賞はこんなにイイ

昼間はTシャツでもOK!?

夏にオーロラを見るなら

8月&9月がベストシーズンです。

 

それ以外は白夜や天候が原因で

オーララ鑑賞には適しません。

 

最高気温が18度くらいになる8月なら

昼間Tシャツでも大丈夫そうです。

 

オーロラを見る夜も軽くジャケットを羽織るくらいで

いけそうです。

冬には決して見れない、オーロラの鏡

冬の間は厚い氷に覆われ、凍結している湖。

 

夏には、湖本来の水が湛え

オーロラが発生すると湖面にオーロラが浮かび上がります。

夏だけのプレミアムな光景です。

天の川と天のカーテンのマリアージュ

遮るもののない夏の星空もまた

オーロラとは違った感動を生んでくれるでしょう。

 

さらに星空とオーロラが同時に現れた時には

今まで見たことのない幻想的な空間を演出してくれるでしょう。

夏だからこそのアクティビティを楽しめる

イエローナイフで見るナイアガラの滝!?

大自然に広がる素敵な風景を見ながら

日本語ガイド付きでハイキング。

 

途中出会った野鳥に餌付けしながら

キャメロン滝を目指す、ハイキングツアーです。
⇒http://www.tabikobo.com/special/2011/03/smr_aurora02.html

大自然に住むバッファローにだって会えちゃう

日本人も利用しやすいオーロラビレッジ。

そこでの推奨ツアーの一つ。

アメリカ・バイソンと呼ばれる巨大な牛を鑑賞するツアー。

 

ツアーに参加すると

生息地域まで連れてってくれ、群れに出会ったら

車の中から鑑賞するという感じです。

夏のオーロラ鑑賞まとめ

オーロラが発生する条件としては

夏も冬も変わりないことが分かりました。

 

さらに薄着で行けるというのは

個人的にはとても魅力的ですね。

 

やっぱり友達と旅行するなら

防寒具をたっぷり着込んで「寒い寒い」ってなるより

薄着で心身ともに爽やかな気分でいたいですからね。

 

そして人生のうちに

そう何回もイエローナイフには行けないだろうから

オーロラが見えたら出来るだけ長く見ていたい。

寒ければ帰りたくなっちゃいますからね 笑

 

これからもよさげな情報があったら

シェアしていきますねー★

 

そして実際に行ったイエローナイフも

リアリティー重視で記事にしていきますから

そちらも読んで頂けると嬉しいです。

まだ先ですけどね(8月中旬くらい)

 

他のカナダワーホリ記事は下記URLから

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/workingholiday-of-canada

このページが気に入ったら
いいね ! してね