この記事の読了目安は約 6 分です。

 

 

 

アーティスト達の危ない夜会 vol.3

~コースケ登場,たつくんfarewell~

 

ーPM10:40ー

 

皆「おつかれ~」

さだ「あっコースケ」

 

もみくちゃにされてるコースケを見て

近くに行かず遠くで眺めてた。

 

何話してるか聞こえなかったけど

皆の話にコースケ特有の関西的なリアクションで返してた。

コースケは皆から慕われてるんだね♪

 

まだシェアハウスでは見たことのなかった

コースケの楽しそうな表情が

トロントでの満喫した生活を想像させる。

 

いい仲間なんだね。

 

たつ「コースケさんは僕の仕事の先輩なんです」

さだ「そっか。いい先輩だよね」

 

たつ「いろいろ教えてもらいました。日本に戻ってもやりたいことが出来ました」

今日は実はたつくんのfarewell partyでした。

 

たつ「大学で何がしたいのか迷って、本当に自分のしたいことを探しにトロントに来ました」

さだ「ちゃんと見つかったみたいだね」

 

たつ「そうですね。カメラは…最高です」

そなふうに言うたつくんが、すごく輝いて見えた。

 

この時間、パーティーは今夜1番の盛り上がりだった。

み~んな、目をキラキラさせながら

言葉を通じてお互いを表現し合ってる。

 

久々の再会を喜ぶ人もいれば

出会えたことに感謝してる人もいて

限りある時間を惜しみながら

それぞれが今この瞬間を楽しんでる。

そんなふうに僕の目には映りました。

 

僕は今までアーティストと呼ばれる人達とは

遠い存在だった気がする。

 

でも今しっかりと

アーティスト達が奏でる独特な雰囲気を共有出来てる気がした。

 

職種や環境が違くても

自分が想像する理想を貪欲に追い求める。

 

その楽しさや途中の達成感を

言葉を通じて共感できる。

そして、刺激し合える。

 

コースケ、アーティスティックな雰囲気がとても居心地がいーよ。

誘ってくれてありがとー。

 

バリスタ、シルバー職人、インタビュアー、ボトルアーティスト、エージェント社長、シンガー、研究員、広告クリエーター

 

長い歴史の中で

同じ時代に生まれ

同じ時期に

日本人としてトロントに来て

こうやって出会えたことに感謝します。

 

皆「さあ、写真撮るよー」

 

大きな一眼レフを抱えた女の子が声をかけて

初めは何人かたつとツーショットで写真を撮り

 

最後は近くにいた人に声をかけて

全員でパシャリっ。

 

貸切りじゃないのに

こんな騒いじゃってるのに

平然と営業を続けてくれたスタッフさんありがとー(^O^)

おかげで素敵な夜になりました。

 

 

ーP.Sー

 

2日後に日本に発ったたつくんにメッセージを送ったら

こんな熱いメッセージが送られてきました。

 

さだはるさん!!
わざわざご連絡ありがとうございます!
トロント生活これからだと思いますが、とにかく自分勝手に貪欲に頑張ってください!
遠い、そして、トロントよりも少し暖かい国から応援しています!

 

自分勝手に貪欲に、か。

 

そうだね。

時間には限りがある。

 

周りと歩調を合わせる必要なんてない。

自分の好きなことを精一杯やるよ!

いつかじゃなく、一瞬一瞬!

 

今までやりたいことの目標は立ててきたけど

こんな人になりたいって目標には疎かった気がする。

でも、今目標が出来ました。

 

【たった1秒の瞬間に、自分の伝えたいことを表現できる人】

 

”今の1秒”は、”また今度の1秒”とはまるで違う。

2度とない1秒に

しっかりと自分の想いを込められる人になりたいと思いました。

 

リアルテラハep7に続く
https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/?p=1790

このページが気に入ったら
いいね ! してね