この記事の読了目安は約 6 分です。

こんにちは、さだです。いよいよ皆で南米旅行の計画を立てていきます!集合場所はやっぱりティムで♪ミドルサイズのフレンチバニラを片手に、さあ始めましょうか(^^)/今回は、旅行の計画をどんなふうに決めていったら、よりスムーズに進んでいくのかという所にポイントを置いてお話していこうと思います。実際に僕らが決めた順序や失敗談を元に、僕的にこの流れが一番いいかなと思う内容&順番を記載します。

この8つさえ決めておけばOK

次にあげる8つは、メインの行く国とメンツが決まっていることを前提にしています。そして、最低限この8つさえ決まっていれば南米旅行に出発してもおおよそ大丈夫かと思います。過剰に心配性な方は例外かもしれませんが…

  1. メンバー確定
  2. 訪れる国
  3. メインの観光ルート
  4. 旅行の期間
  5. 旅行の予算
  6. 往復のフライトチケットの確保
  7. サブの観光ルート
  8. 事前予約が必要なものリストアップ

最低限決めておくべき8つのこと前編1~5

1、メンバー確定

これは意外と重要です。「もしかしたらまだ増えるかも…」「まだ行けるか分からない」なんて感じでは話なんて進みません。誘いたい人、一緒に行きたい人はたくさんいるかもしれないですが、期間を決めてそこで答えが出ないようなら、諦めるという勇気も必要です。待ちすぎていても、フライト料金もどんどん上がるし、旅行の話が進まなくてモヤモヤするしで、いいことないです。そして、優柔不断のレベルが高いと、いざ旅行に行った時も大変です。きっちり期間を決めて、メンバーを確定させましょう。

2、訪れる国

メインで行く国は決まっていると思いますが、それ以外にどうせならここも行きたいというのがあるかもしれません。僕らで言えば、メインで行く国はペルーとボリビア。これは揺るぎないですが、どうせならチリにも行きたいと言う人も2~3人いました。こういう場合、途中で別れる方法もあるので個々の使える期間や予算によって柔軟に対応するのが、より一緒に旅行に行きやすくなるポイントだと僕は思います。行きも帰りも一緒じゃなきゃ嫌っていうなら誰かが合わせるしかないですけどね…

3、メインの観光ルート

メインの観光をする為の移動手段を考えます。行き帰りのフライトはどこの空港か、そこから目的地までの移動手段(飛行機かバスか電車か)をグーグルマップや旅行ブログなどを見ながら繋いでいきます。僕らの場合は、ナスカの地上絵とマチュピチュ、ウユニ塩湖を基準に考え、カナダトロントからペルーのリマ空港往復のフライトにし(やはり往復にする方が安いので)、その他は全て陸路移動にしました。なのでリマから目的地を回り、またリマに戻る移動手段を出しました。まあ帰り道の詳細は現地で決めましたけど。この作業が一番時間や手間がかかります。どんな移動手段が安くて安全で確実か、しっかり話し合って決めてくださいね。

4、旅行の詳細期間

期間に関しては、先に決めざるをえないケースもあると思います(仕事の都合とかで)。今回の僕らで言えば、ペルー&ボリビアという2つの国に旅行に行きます。(8人中2人はチリにも行きました)そう、海外旅行好きなら誰もが知ってるであろう、『ナスカの地上絵』『マチュピチュ』『ウユニ塩湖』に行くことが最大の目的です。ただせっかく行くのに、その3つだけじゃあもったいないですよね。ペルーにはマチュピチュ以外にもたくさんの世界遺産が存在するし、少しゆっくり南米の町を散策したりもしたい。そう考えると最低でも丸2週間は必要になってきます。但し、これは陸路の話で、フライトを挟めばもっと時間は短縮できます。でも忘れて欲しくないのが、高山病。陸路よりも高山病にかかる確率が高い空の移動。せっかく時間を短縮したのに、高山病にかかって足止めなんてことも念頭に置いておかなければいけないですね。どちらにしろ、最低2週間は確保出来た方がいいと思います。ただこの期間に関しては一緒に行く仲間とよく相談した方がいい思います。何に時間とお金をかけるのか、仕事をやっているならどのくらい休めるのか、これは人それぞれですからね。まあちなみに僕らはけっこうバラバラの期間なんですけどね。これについては、南米旅行編の記事を読み進めて頂ければそーいうことね!とお分かりいただけるかと思います。

5、旅行の予算

訪れる国と期間が決まってしまえば、おおよその旅の予算が見えてきます。なぜならほとんどの予算は移動費に費やされるからです。次に来るのが宿泊費や食事代、入場料、お土産代などですね。まあもちろんそこら辺は個人個人の予算で差が出てくると思うので、決める必要はないです。ただ移動費はだいたい計算しておくと旅行メンバー全体の安心感が違います。ちなみにペルー&ボリビアの物価は安いです。でも、旅行客向けのレストランなどを常に活用すると思いがけずたくさんお金を使ってしまうかもなので、要注意です。

前編まとめ

ここまでで旅の大まかな流れが見えてきます。僕らが一番骨が折れたのは3の観光ルートを決めることです。全員でパソコンやスマホに張り付いてどんなルートがあるのかを調べまくりました。意外と細かい情報は載ってなかったりするんですよね。でも、これが決まってくるとかなり旅行のイメージがついてくるので、頑張ってくださいね。もう少しここら辺が分かればなって思った部分を、僕のブログでも出来るだけ書いていこうと思っています。とりあえず、『南米旅行に行くなら、最低限決めておくべき8つのこと』の後編も見て頂けると嬉しいです。

南米に行くなら、最低限決めておくべき8つのこと 後編