この記事の読了目安は約 5 分です。

こんにちは、さだです。
スノーボード初心者レッスンも
かなり回数を重ねてきました!

 

最近はショートターン』という
スノーボードを始めたとき、誰もが
いつかはしたいと願う技に突入しています。

 

レッスンを初めから見てくれている皆さんは
当然レベルアップをしていることでしょう。

 

もしくは、途中から見始めてくれた人もまた
レベルが高いことでしょう。

 

なんでそう思うかというと
届けられる質問の数々が
レベルが上がってきているからなんです。

 

今回も質問に対するQ&Aをお届けします。

スポンサーリンク




バックサイドのショートターンがなんか変になってしまう…

というお悩みですが
あ~練習してるんだなーって感じの質問です。

 

必ず得意な方、苦手な方って出てくるんです。
それは、ある程度上手くなっても変わりません。

 

大事なのはそれを自分でちゃんと分かってるかなんです。

 

この質問をくれた人は
何回も自分で練習して、そして
質問してくれたんだと思います。

 

なので、今回も親父インストラクターは
気合いのこもったレッスンをしてくれましたよー!

 

ちなみに僕は今、ご存知の方もいると思いますが
今月頭くらいからワーホリでカナダにいるので
撮影係は新メンバーがやってくれてます!

カナダワーホリ記事はこちらから

 

新メンバーは、

ドラえもんみたいな人です。

 

こんな感じです。

って言っても何でも4次元ポケットから

出てきちゃうようなすごい人ーっではなく

 

ドラえもんみたいな体型の人です。
友達想いのすごいいいやつです!

 

彼も小さい頃からスノーボードで遊んでいたので
今より若い頃はキッカーにバンバン入って得意のメランコリーとか
決めてたみたいです。

メランコリー

ドラえもんみたいな体型なのに…

体型はあまり関係ないですね 笑

 

でも調子に乗ってマックツイストやろうと思ったら

頭を擦って意識が飛びそうになったと言ってました。

 

皆さんも怪我には十分注意して

スノーボードを楽しんでくださいね★

 

撮影は僕の意思を引き継いでもらいましたが

編集は引き続き僕がやっているのでよろしくです!!!

 

それではお待たせしましたーヽ(´▽`)/
久々のレッスン動画をご覧くださいな。

すぐさま続けてもう1本どーぞ!

 

おつかれさまでした。

まとめ

大事なことは足がちゃんと動いてるかどうかなんです。
センターポジション、体重移動(つま先からかかとへ)が出来ていれば
動画でやっていたことは簡単に出来ます。

 

あとは動画でも言っていたターン弧の大きさですね。

ターンの大きさを一定にするということです。
滑る前に一度、通るラインをイメージするといいですよ(^O^)

 

進む方向にまっすぐ1本のラインを引き
その線を中心に、同じ大きさの半円を描いていく!

 

たったそれだけでかなり滑りが違くなります。
周りから見ても綺麗な滑りに見えます。
上手く見えます!

 

ただ急いで右左とやってると
どーしてもターン弧の大きさがバラバラになりやすいです。

 

焦らずに余裕を持ちつつ
ラインをしっかりと頭にイメージしておいてくださいね。

 

それでは今回はこの辺で失礼しますー♪

 

次回もQ&Aで、「逆エッジになっちゃう!ターンが怖いんです」って
質問にお答えしていきます。お楽しみに~

 

⇒スノボQ&A 

このページが気に入ったら
いいね ! してね