この記事の読了目安は約 6 分です。

こんにちは、さだです。

今日は2014年12月19日!そろそろ私の地元近辺である
新潟県&長野県のスキー場もオープンします。

 

遂に来ますね。スノーボーダーが毎年焦がれる出会いと感動の季節が(≧∇≦)
早い地域ではもうオープンしていると思いますが、お互い最高の冬にしましょうー!

スポンサーリンク




 スノボを始めたきっかけ

ところであなたは、なぜスノーボードを始めましたか?

 

もちろんきっかけは十人十色だと思います。
パット思いつくだけでも

  1. 友達とスノボ旅行に行きたかったから
  2. ウィンタースポーツをやりたかったから
  3. ゲレンデに行きたかったから
  4. 付き合っている人が誘ってきたから
  5. オリンピックで刺激を受けたから

まだまだたくさんあるかも知れないですね。

 

で、意外と男性諸君に多いのがモテたいから!(私のきっかけは違いますよ一応)

 

確かにスノーボードは、ファッション的にもイメージ的にもカッコイイですからね。
スノーボードをしていれば「モテるっ」と思いますよね。そうですよね。

 

しか-し、勘違いして欲しくないのは
ただ滑るだけではモテないですよ。

 

かっこよく滑らないと!!!!!

 

ということで、本日はかっこよく滑るために知っておくべき2つの滑り方をご紹介します。

ではいつものように、動画をご覧下さい。

 

2種類のショートターン

初登場の、素敵な女性ライダー『りさ先生』の姿はいかがでしたか?

 

りさ先生のちょっと緊張した感じがとても良かったですね。ワンポイントアドバイスは、スピードを出して勢いよく滑ること。
なるほど、確かにスノーボードは、ある程度スピードがある方が扱いやすかったりしますね。

 

っていうか、違いがイマイチ分からなかったって人もいますよね?
動画の中では説明不足だったので、1つずつターンの説明をしていきます。

 

まずは、親父インストラクターがデモしてくれた方です。

ドリフトショートターン

まずドリフトターンというのは、エッジをずらしてターンをする方法です。
スピードが、ターン毎に落ちますので初心者でもスピード調整がしやすいターンです。

 

そしてターン孤(ターンの時描く半円ライン)を小さくリズムを速くすると
ドリフトショートターンになります。

 

次に、初登場りさ先生がデモしてくれた方です。

カービングショートターン

上記ドリフトの場合と違って、カービングはエッジをずらさずにエッジに乗って
ターンをする方法です。

 

こちらはスピードに乗ったまま爽やかにターンすることが可能です。

あなたが滑っているのはドリフトターンとカービングターンどっち?

始めは自分でも違いがよく分からなかったりします。特に我流で練習していると、指摘してくれる人やチェックしてくれる人がいないので、間違って体が覚えてしまう可能性もありますね。

 

ということで、ちゃんと出来てるか見分ける方法を教えます。

 

見分けるのは簡単で、『滑った後に出来るライン』を見ればいいんです。
滑ったラインが細い1本の線、英語では「ペンシル(鉛筆)ライン」になっていればカービングですし、ズレている後が残っていればドリフトになります。

 

あともう一つ、見分ける方法は『音』です。

 

ズズズッとずれてる音がしていればドリフトターンですし、

さーっという小さな音であればカービングターンです。

まあ雪質にもよってしまいますが。

 

ここらへんを意識して練習してみてください★

 

スペシャル動画はこちらから全て見れます。

親父の特別授業with○○

ブログランキングに参加しました。

あなたの応援クリックを夢見て、これからも記事を書き続けたいと思います。

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ

 

世界は広い。そしてクレイジーだ!!

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/movie

 

初心・初級者に愛のひげを

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/howto

 

このページが気に入ったら
いいね ! してね