この記事の読了目安は約 7 分です。

こんにちは、さだです。世界の誰かの参考になれば…

今回は、僕らが出発前に計画したスケジュールを全てお見せします。期間も行先も未定なバックパックの旅なら、こんなもの必要のないものなのかもしれない。でも『旅行』という枠組みならやっぱり旅のしおりは作っておくことに越したことはないです。

現在は情報社会。欲しい時に欲しい情報がいくらでも手に入ります。旅をしながらgoogle検索して、今一番ホットな情報を仕入れる。そうしながら旅行を進めることも出来ます。でもそれは、日本やアメリカなどインターネット社会の進んだ先進国の話。ペルー&ボリビアというまだまだ発展途上な国にはwifiはあっても、恐ろしく通信状況が悪かったりします。そのせいで情報足らずになったり、効率が悪かったり、お金がかかったり、最悪の場合情報なしになったり。現地の人から直直接情報を仕入れればいいじゃん!そう思った人もいると思います。それはもちろんすごくいいことです!ただ適当に答えられたり、騙されたりといったリスクもあります。それ以上にまず言葉の壁が大きいです。スパニッシュ…

なのでガチガチではなくとも、ある程度はしおりを作ってデイリースケジュールくらいは決めておくことをおススメします!参考になればと、僕らの実際に作成したしおりをお見せしますね。

スポンサーリンク




ペルー&ボリビア旅行日程表

①ペルー

マチュピチュ

2016年1月15日(金)
トロントピアソン国際空港(YYZ)
↓(飛行機)
16日(土)
リマ(LIM)
↓(バス)
ナスカ
~ナスカ地上絵閲覧~
↓(バス)
17日(日)
クスコ
~クスコ市内観光※世界遺産など~
①太陽の神殿(コリカンチャ)②12角の石③アルマス広場④カテドラルなど
クスコ泊
18日(月)
クスコ
↓(バス)
水力発電所(イドロエレクトロニカ)
↓(スタンド・バイ・ミー徒歩)
マチュピチュ村(アグアスカリエンテ)
~温泉など~
マチュピチュ村泊
19日(火)
↓(バス)
マチュピチュ遺跡
~ワイナピチュ登山&マチュピチュ遺跡観光~
マチュピチュ村泊

②ボリビア

20日(水)
マチュピチュ村
↓(鉄道)
オリャンタイタンボエンボス
↓(乗り合いバス)
クスコ
↓(バス ヌエボコンチネンタル等)
21日(木)
ラパス~ラパス観光~
ラパス泊
22日(金)
ラパス
↓(バス)
オルーロ
↓(タクシー)
オルーロ駅
↓(電車 エクスプレソ・デル・スル社)
ウユニ
ウユニ泊
23日(土)~25日(火)
ウユニ
↓(サンライズ&サンセットツアー)
↓(個人でジープチャーター)
↓(デイツアー)
ウユニ塩湖
~日の出&鏡張り&星空~
ウユニ周辺
~3色の湖~
26日(水)
※ここからは別行動になる人も出てきます。リマに戻る人&ウユニに延泊する人&チリのアタカマに行く人などなど

と、ここまでが旅行に行く前に作成したしおりです。

※金額&移動時間などは、おおよそになる部分が多いので省きました。本当はもう1枚更に詳細(使う予定のツアー会社やバス会社など)を記載したしおりを作ろうと思っていました。これだけじゃあどこに泊まるかも検討がつかないし、ウユニからの帰り方がないです。でも作りませんでした 笑 結果的にそれで良かったかなと今では思っています。現地のリアルなタイムスケジュールは、別の記事で記していこうと思っています。実際に使用したツアー会社やバス会社のレビューもたくさん書いていきます。

ケースバイケース

このしおりを作成したのは旅行の3か月前くらいです。なのでここから変更になった予定もあります。中でも一番変わったのは、出発の日。ちょっと僕らは特殊だったんですね。休みが取れる長さがメンバーそれぞれ違います。なのでもっと早く行ける人は、ちょっと前乗りして他に行きたいところに寄ってから合流しようみたいな話になって。結果的に行きの飛行機の時間も4パターンに分かれた。協調性がないんじゃなくて自由なんです 笑 しおりを見てもらうと分かる通り、帰りもバラバラです 笑

僕らの場合は極端ですが、これくらいの自由は確保しておくのも一つの手だと思います。特に大所帯で旅行に行く場合は、フライトを全員が満足いくように合わせるのはかなり大変です。一人に任せて、その代り誰も文句を言わない!だったらいいのかもしれないですが、なかなかそういうわけにもいきません。それぞれの優先順位も違うし、料金も一括で支払って皆から後で回収することになると思うけど、日本のクレジットカード使えばレート計算とか手数料とか場合によっては振り込みとか、少し面倒です。万が一友達の分キャンセルしなくちゃいけなくなった時もすごい大変。だったら、フライトチケットは個々で好きな時間や会社を選択して取るのがベター。

まとめ

ペルーやボリビアのしおりを作る時のコツは、2つです。

  1. ルートや移動手段をメインに
  2. ”遊び”を持たせる

おおまかなのルートや移動手段が分かっていれば、なんとかなります。そして、バスの時間や金額、ホテルの予約など不確定要素が多いペルー&ボリビアでは、旅行プランに”遊び”を持たせることが大事です。ここでいう遊びとは車のハンドルと一緒です。現地で探したほうが確実なものもあるし(ホテルやバスやツアー)ケースバイケースで臨機応変に対応できる、余裕を持ったプランが好ましいです。なので、あまりガチガチにタイムスケジュールを組むのは良くないです。一つ崩れたら、全部狂ってきてしまいます。時間に遅れるのが当たり前、ハプニングがあるのが当たり目の世界です。そこを十分に理解してしおりを作って頂けたら、きっと素敵な旅になると思います。

 

あちら系日本人の海外旅日記

 

このページが気に入ったら
いいね ! してね