この記事の読了目安は約 4 分です。

ペルーレイル

どもども、ゆっくり話すのは車の中で!のさだです。僕らはマチュピチュ観光から1度、クスコに戻っている最中です。

スポンサーリンク




マチュピチュからクスコに戻るまで

ペルーレイル

マチュピチュからペルーレイルを利用して、オリャンタイタンボという駅まで行き、そこからコレクティーボ(乗り合いバス)に乗り換え、クスコに戻るルートです。

結局最後寝てしまったペルーレイル

ペルーレイル

僕は列車や電車に乗ると急に眠くなる習性があります。はじめは初ペルーレイルの感動と、マチュピチュ前後で撮った動画や写真を見てワイワイしてたんですが、それが少し落ち着いて、窓を眺め楽な姿勢が決まり、窓の外が暗くなるにつれてウトウト…

コレクティーボの経由地点、オリャンタイタンボ

オリャンタイタンボ

いつの間にかオリャンタイタンボに着いた。結局寝てしまっていた。そそくさとペルーレイルを降りて、駅の外に出る。ここでもうかうかしてられない。僕らのコレクティーボの運転手さんを探して、車までついていかなくてはいけない。ここで見逃すわけにはいかない、帰れなくなっちゃうからね。

オリャンタイタンボ自体は、特にぱっと見何もなく、ホントに単なる経由地点て感じです。しかも夜だから暗くて全然周りに何があるのか分からない…早くクスコに戻ろう。

コレクティーボの中で語ったお互いの過去とこれから

クスコ

みんなでコレクティーボに乗り込み、発車を待っていた。まだ来てないお客さんがいるらしくなかなか発車しない。僕の隣はのんちゃん。のんちゃんとはこの旅行がキッカケで初めて会った。でも、すごく自然。といっても旅行絡みの話以外は何かゆっくり話したことはなかった。お互いの性格はなんとなく分かるけど、今まで何をしてきたのか、詳しくは知らなかった。

オリャンタイタンボからクスコまでは約2時間。もう外は真っ暗。周りは僕ら以外みんな外国人。話す言葉が違うと、周りの話し声がメロディーになり、僕自身も話しやすい。僕とのんちゃんは自分が今まで日本で、トロントで何をしてきたのかということ、どんな国に旅行に行ったことがあって、どんな国が好きか、そんな事をたくさん話した。共感することがたくさんあり、しみじみすることもあった。1人でいたら、音楽でも聴きながら、寝てしまっていたような時間、隣に魅力的な友達がいたから、かけがえのない時間になりました。

ただいまクスコ!!!

クスコ

わーお、やっぱり僕はこのクスコの街の夜景が大好き!とっても優しくて、ほんのりとした淡い光。街全体がおかえりと言ってくれているような。何度も来たくなるこの街に、また戻ってこれて嬉しかった。

僕らは前回泊まっていた宿を今夜も予約していた。とりあえずホテルに行き、預けていた荷物をピックアップし、部屋に運んだ。それぞれ適当に食事を済ませ、またロビーに集合しようということになった。ここら辺の流れはもうだいぶ慣れたね♪( ´▽`)

僕は今夜はサクッと腹ごしらえする為に近くのコンビニに出かけた!ペルーにもコンビニはあります!24時間じゃ無いけどね!そこで、ビスコみたいなクッキーと、ポテチとインスタントラーメンを買って、インカコーラとタバコを買って、ホテルに戻る。お菓子やスナック菓子はどこで買って食べてもまぁまぁ美味しい(^^)

さて、そろそろロビーミーティングの時間。この時間が凄く好き!次の目的地に向けてのワクワクが高まるからね。

★ブログランキングに参加しました。

あなたからのクリックを夢見て、これからも記事を書き続けます。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

 

リアルな海外旅行記事はこちら
あちら系日本人が行く海外旅行旅日記

 

カナダワーホリ記事はこちら
カナダワーホリ

このページが気に入ったら
いいね ! してね