この記事の読了目安は約 8 分です。

 

こんにちは、さだです。

今回は、僕がまだ23歳だった頃のアメリカ一人旅のお話です。

ロサンゼルスとラスベガスに行きました。

 

 

友達と電話で衝撃事実発覚!

 

 

えっとー今日はロスで一泊して、明日はラスベガス行って2泊。

現地に住んでる友達がホテルとってくれたのでヽ(´▽`)/

日本で予約するよりかなり安いらしい。

 

とりあえず、友達に電話♪

僕「もしもーし、今ロス着いたし明日の午後には行くからねー」

友達「フライト時間は?」

僕「フライト?電車で行くよ!?」

友達「日本じゃないんだから電車なんて通ってないよ」

僕「うっそー、どうしよう《゚Д゚》」

友達「チケット多分取れるから大丈夫だよ」

僕「よし分かった!」

 

 

ラスベガスに行く手段を探せー!

 

 

と、言われても当時はスマホもパソコンもなく

チケットを取る手段が電話しかなかったのです。

 

唯一日本から持ってきた情報源、

『ラスベガス』と書かれたガイドブックに何か手がかりがないか

必死で探してみました。

 

う~ん(´Д` )ん?

レンタカー、、、これだ!

 

だって飛行機乗りたくないし。

何といってもゲートのチェックがめんどくさい。

英語も話せないし、ストレス溜まるから。

 

早速電話!確かさくらレンタカーって名前だったような(あんまり覚えてません)

日本人スタッフが経営していたので日本語でOK!

 

そーいえば何も申請してないけど、海外で運転て出来るのかな(・∀・)

なんか海外用の免許が必要だったような。。。

 

聞いてみると、日本の免許で大丈夫でした!

日本人が居る場合は、日本の免許を理解できるから大丈夫なんですって。

外国人に見せる場合は、日本の免許が読めないから

海外に行く前に警察署で海外仕様にしていきます。
(当時は確か1日くらいで出来たような)

 

まっとりあえず良かった♪なんとかなるもんだなー。

 

 

車を借りる

 

店長も日本人、車もトヨタ。

なんか安心する。

 

店長「どこまで行くの?」

僕「ラスベガスです」

店長「…えっ《゚Д゚》」

僕「ん?」

店長「かなり遠いよ!?」

僕「どれくらいかかります?」

店長「7時間~8時間くらいかかるよ 笑」

僕「今日中に着けば平気です」

 

時間かかっても飛行機より全然いーや気楽だし。

ということでナビを設定して、出発~!

 

[youtube width=”600″ height=”344″]https://www.youtube.com/watch?v=TzArI9xu96E[/youtube]

 

 

果てしなく続くハイウェイと地平線

 

 

マイル(速度)表示があんまりしっくりこなかったけど

まあそんなことどーでもいーです。

周りの車に合わせれば大丈夫!

 

ロスは都会なので、始めは車がわんさかいます。

で、みんな気持ーち日本より運転荒い気がしました。

 

そしてびっくりしたのはハイウェイを途中で降りると

すぐ砂利道ということもいくつかありました。

日本に比べてインフラが整ってないんだなーと感じました。

っていうか日本が特別整ってるのか。

 

45分くらい走ったかな、、、

だんだん車も減り1本道になってきました。

周りの景色もビルや家が見えなくなり

山と広大な大地が広がっていきました。

 

「気持ちいいーーーーー」

 

まるで地平線まで続くような限りのない1本道!

何十キロ先が見えてるんだろー(・∀・)

信じられないくらいのまっすぐの道。

そして遮るもののない特大スケールの大自然!

 

最高♪

 

「お母さーん」って叫んでみました。

特に意味はないですが。

 

本当にどこまでも自然、でした。

無駄にハイウェイで車を降りてみたりしました。

なんか日本と違って地上に道があって仕切りとかもないので

すぐに道路の外に出れるようになってます。

 

 

ハイウェイをしっかり満喫

 

 

途中で音楽が必要だと思い、途中でCDを購入しました。

やっぱ夏だしレゲエっしょ♪

 

ということで、普段あまり音楽聴かない僕ですが

この時は買っちゃいました。

 

直感で選びました。

だって英語だから全然分からんかった。

ジャンルくらいは分かったけどね。

 

音楽を聴きながら、自由気ままに大自然を真っ直ぐドライブ♪

なんか日頃の悩みとか疲れとか飛んでっちゃう。

 

ポツンポツンと、日本で言うコンビニやガソリンスタンドが立っています。

一つ一つの距離が果てしなく長いですけどね。

 

なんとなく何か買おうとコンビニに立ち寄ってみました。

薄暗い感じでおじちゃんが一人。

 

拳銃とか持ってないよなー《゚Д゚》

なーんて心配することもなく

変な色のジュースとなぜか変なカプセルみたいなものを買いました。

この変なカプセルは、なぜか女性の絵が書いてありました。

なので、女好きの上司にお土産です。

 

運転に少し疲れたのでコンビニの周りを散歩してみました。

あれっ?牛がいる。馬もいる。

改めてすごいところに来てるなーと実感しましたヽ(´▽`)/

 

 

砂漠に中のオアシス

 

 

そう、ここって気候的には砂漠地帯なんですよね。

砂漠の中をひたすら真っ直ぐ走って走って…

あれ、いつの間にか建物が遠くに見える。

 

もしや…

その建物が近づくにつれ実感する。

あーあれが砂漠の中の大都会、ラスベガスだと(°┌・・°)ホジホジ

なんやかんやで驚きがたくさんあって

飽きることなくラスベガスまでたどり着きました。

 

いやーナイスな選択だったなーオレ(o ̄∇ ̄o)♪

皆さんも時間に余裕があれば、レンタカーで移動してみてください。

飛行機では決して味わえない体験が出来ますよ。

 

 

ラスベガス&別の国の旅行記はこちらで見ることが出来ます
あちら系日本人の海外旅日記

 

このページが気に入ったら
いいね ! してね