この記事の読了目安は約 16 分です。

パスポートが見つからなければ、旅行どころじゃない!僕らはすでに真っ暗になっていた広大なウルルの土地で、知恵を絞り、話し合い、少なからず僕ら以外の他人を巻き込んだ、パスポート大捜索を開始した。※実際はリュックごとなので、スマホや財布もなくなっています。

スポンサーリンク




思いつく対処手段

まさかこんなことになるなんて。落ち込んでる暇はないし、なんとかしなくちゃいけない!ここまで連れて来てくれて、色々やってくれた親友のために、僕ができることは何だ???とにかく諦めないこと、トモの心が折れないようにサポートすること、そう思った。

落ち着いていられないだろうけど、とにかく出来ることをまずしよう。僕らはまずポリスに行った!もしかしたら心優しき人が拾って、届けてくれているかもしれない。それならすぐに一件落着だ。時間は既に21時頃、何時までやっているか分からないけど、行くしかなかった。ここら辺で一つしかないだろうから、日本の交番みたいに朝までやっているかもしれない!

・・・甘かった。思ったより大きな施設だったけど、既に中の灯りも消えていて、鍵が閉まっていた。夜中に事件が起きたらどーすんだよ…

GPSでスマホを追跡!?Google Mapが映し出した場所は?

僕らはとりあえずホテルに戻った。トモにかける言葉が見つからない。

TOMOTOMO

ちょっと考えがあるんだけど…

あちら系あちら系

なになに?

TOMOTOMO

スマホについたGPS機能で、場所を特定できないかな。俺もう一つ携帯持ってるからそれで…

あちら系あちら系

それグッドアイデアだね!バッテリーは大丈夫かな

そう、バッテリーが切れていたら、GPSは使えない。

TOMOTOMO

サンセット見に行く前に充電しているからそれは大丈夫!電源を切られてさえいなければ・・・

僕らはなんとかwifiを繋げて(少しの間なら無料でホテルのwifi使えるんだけど、お金を払うとさらに一日使い放題とかに出来ます。)GPSでスマホを捜索する方法を調べた。

こんなことやったことなかったけど、イメージは出来る。こんな感じ(実際当時見たサイトとは違いますが)→https://mobagate.net/tips/android-tips/android-device-manager/

僕らは電話はかけなかった。理由は、もし悪意があってトモのリュックが盗まれていたとしたら、電話をかけてもまず出ない。それどころか、持ち主から追跡されたり、執拗に電話がかかってくることを恐れて、スマホだけ捨てていくことも考えられる。だからここは我慢して、GPSに頼るしかない。

TOMOTOMO

俺のwifi繋がり悪いからさだので繋いでくれない?

あちら系あちら系

おっけー!

僕は手順通り、トモのスマホをGPSで探す設定をして、MAPを開いた。

ウルル ハプニング

少し拡大してみる。

ウルル ハプニング

広域にしてみる。

ウルル ハプニング

さらに広域にしてみる。

ウルル マップ

あちら系あちら系

これ見て!!

TOMOTOMO

動いてる!やっぱり!無くした場所からだいぶ離れたところにある。

あちら系あちら系

と、いうことは…

TOMOTOMO

誰かが持ってる可能性が高い!

うわー。ミッションインポッシブルかい!!!やばい人たちだったらどうしよう。もしかしたら財布とパスポートだけ取って、スマホだけ捨てられているかもしれない。パスポートは悪いことするために必要で捨てられずに持っていかれて…それだったアウトだ。でも、スマホも高く売れる場所があるのに、それだけ捨てて行くか…!?とりあえず今は、あると信じて行ってみるという選択肢しかない。

僕らのスマホ奪還大作戦〜仲間を増やす〜

僕らは作戦を立てた。その作戦を実行するには、もう一人か二人必要だ。多い方が成功率が上がる。僕らは、同じ部屋で少しだけ話したことのあるアジア人の男の子に声をかけた。

TOMOTOMO

実は、リュックごと無くしてしまって、誰かが持っている可能性があるんだ。一緒に探すのを手伝ってくれない?

アミーゴアミーゴ

な、何をすればいいんだい?

TOMOTOMO

合図があったら、俺の番号にかけてスマホをコールして欲しいんだ。

アミーゴアミーゴ

おっけーだよ!手伝うよ。

たまたま同じドミトリーで、会ったばかりの人の頼みを聞いてくれるなんて、いい奴だなあ。しかもちょっと危険な匂いがするのに…

僕らの作戦を整理すると、こんな感じです。

  1. まず、GPSが指す場所に車で行く
  2. 誰かが持っていると仮定して、家or車(車中泊している可能性がある)を尋ねる
  3. 誰かが出てきたらリュックを紛失した事情を話す
  4. もしもここにリュックはないと言われたら、トモのスマホの番号にかける
  5. コールしたら臨戦態勢
  6. 素直に渡さなかったら、無理矢理奪還する

穏便に済めばいいけど、拾ったことを認めなかったら、立派な窃盗犯罪だ!最悪の結果も考えて、気を引き締めた。

すると、外に出ていたアジア人の男の子が部屋に戻ってきた。僕とトモが練った作戦を話し終え、トモが男の子に声をかけた。

TOMOTOMO

そろそろ出発しようと思う。

アミーゴアミーゴ

ごめんやっぱり行けない。

よく分からないけど、男の子は何か勘違いしていたみたいで、やっぱり手伝えないと断ってきた。まあ、冷静に考えると僕が彼でも手伝うかどうか微妙だ。話自体信用していいか分からないし、せっかく旅行に来ているのにそんな危険な場所にわざわざ見知らぬ人の為に行くかって言われたら…

残念だけど仕方なかった。無理に手伝ってくれって言える関係ではなかった。あまり遅くなると持ち主が寝てしまう可能性があるので、僕とトモは車に乗り込んだ。時刻はすでに21時半を過ぎていた…

ウルル マップ

僕らのスマホ奪還大作戦〜鳴らないスマホ〜

あちら系あちら系

あることは間違いないしね。とりあえず行こう!

GPSが指す場所は、車ならそう遠くありませんでした。10分くらい走ったところで、

TOMOTOMO

ここだな。

とトモが言ったところは、オートキャンプ場。宿を取っていない旅行客とかが、自由に車の中やテントの中で泊まれるスペースという感じです。トイレも水飲み場もある。

僕はてっきりここら辺に住んでいる住民の家を想像していたけど、よくよく無くした場所を考えてみたら、旅行者って可能性が高い。

あちら系あちら系

絶対ここら辺なんだよなあ。

なんかBBQスペースみたいなところをGPSは指しているんだけど、そこをよく探しても見つからない。もしかしてゴミ箱の中か…いや、ゴミの中にもないし。近くは間違いないはずだから、電話してみよう。音が鳴るか、持ち主がどこかで動くか。

・・・コール中・・・

あちら系あちら系

だめだ!誰も出ない。音切ってある?

TOMOTOMO

もしかしたら切ってあるかも。いやでも音切ってあっても鳴るはず!

ウルル マップ

今の持ち主がコールに気づいてないのか、意図的に出ないのか、もうどこかに捨てられているのか分からない。音が鳴るなら外にあれば分かる。でもそうではなくて、誰かが持っていてその人が爆睡してたら気づかないかも。意図的に出ないのはもう確信犯だし。

確かにナビやMapもたまに変なところを指したりするし、場所が正確じゃないのかもしれない。辺りを見回すと、車が数台、テントが一つ。僕らはコールしながら車の中を恐る恐るのぞいたり、耳を澄ましながら周りを歩いてみた。

あちら系あちら系

ん〜音は聞こえないよなあ…。

僕らのスマホ奪還大作戦〜信じる心〜

音は全く聞こえなかった。GPSは確かにこの辺りを指しているのに…室内にあるか音を切っているか…

TOMOTOMO

あった!あれだ!!

あちら系あちら系

えっどれ?

TOMOTOMO

ほらっ!後部座席の下

あちら系あちら系

あっ!!絶対そうじゃん!

なんとリュックが見つかった。車の中だった!人は乗っていない。

この瞬間にいろんな妄想が膨らんだ。もし拾った人が、トモのリュックを盗む気だったら、車に放置しておくだろうか?もう少し外から見えないように隠しておかないか。いや、まさか見つからないだろうと思って安心してたのかも。もしかして、この車の持ち主は、、、

あちら系あちら系

このテントでしょきっと!灯り暗いけど起こすしかないよ。

TOMOTOMO

もうこんな時間だし、寝てたらさ…

あちら系あちら系

いや、そんなこと言ってる場合じゃないじゃん!大事なモノなんだから、そこは気使ってられない!

TOMOTOMO

さだホテル送ってくし、俺は戻って車でテントの中の人起きるの待つよ。

あちら系あちら系

いやいや、もし気づいたら寝過ごしてて、朝いなくなっちゃってたらやばいじゃん!見張るなら俺も一緒に見張るよ!交代で仮眠すればいい。

・・・・・・

TOMOTOMO

さだならどーする?

あちら系あちら系

俺がトモなら間違いなくテントの人に声かけるよ。すいませんって言って。パスポートなきゃ帰れないし。トモの気が乗らないなら任せるけど。

TOMOTOMO

よし分かった。声かけるよ!

僕は拳を握りしめた!もしも、万が一やばいやつだったらやられる前にぶん殴ろうと思っていました。これマジです。今まで一度も人をグーで殴ったことはないけど、この時ばかりはいつでもパンチが繰り出せる心の準備をして、トモが声かけるのを待っていました。めっちゃドキドキするし…

TOMOTOMO

Excuse me・・・Excuse me

ガサゴソ…

トモの声に反応した!!?

誰っ?って女の子の声が聞こえた。中は女の子だ!トモが事情を話す。

ジーーーーー(テントのジップが開く)

中から金髪の若い女の子が二人…

金髪の女の子「良かった見つかって!明日警察に届けようと思ってたから」

TOMOTOMO

そうだったんだ、ありがとう!起こしちゃって本当にごめん。

僕は握っていた拳を弱めた…女の子たちは二人でロードトリップしているらしい。そして今日、ウルルのサンセットを見に行って、リュックを拾ったという。あっ、もしかして…

神秘を感じる絶景!レンタカーで行くウルルのサンセット

そうです。前回の記事の写真に写っていたあの女の子たちでした。そしてなんと僕らが来たメルボルンに住んでいるという。一気にものすごい親近感。ついさっきまで何かあったら拳を振りかざそうとしていたのに。世の中そんなに悪い人はそういないんですね。

TOMOTOMO

本当にありがとう。もし良ければメルボルンに帰ったらお礼させてください。

ウルル ハプニング

ナンパとかじゃなく、純粋なトモの気持ちだろう。本当に映画の世界に紛れ込んだような真夜中の大捜索劇は、これにて一件落着しました。本当にドキドキさせてくれました。

祝福のビールの味が格別すぎる

ホッとしました。ほんと見つかって良かった!すでに時刻は次の日になろうとしていた。

あちら系あちら系

いやーほんと良かった!奇跡だね。面白い経験させてもらったよ。

TOMOTOMO

あの時さだが、「俺なら声かける」って言ってくれたから。ありがとう。

あちら系あちら系

逆にあの状況で、テントの中の人に気を使えるトモが、本当にすごいと思ったよww俺なら他人を気遣ってられない。きっとそんな余裕ないと思う。しかも、どちらかというと、リュックは盗られたんだって考えてたし

本当僕は小さい人間だなと思ったし、トモはすごいなと思った。トモの性格からして、はじめテントの中に声をかけなかった理由は、怖いとかそーいうんじゃない。人を信じる心と、気遣いができてこその行動だった。

改めて、どんなに追い詰められた時でも、持ち続けていたい心ってモノを学んだ気がする。

あちら系あちら系

いやーウルルに来て一番ハラハラしたよw

TOMOTOMO

さあ、帰ってビールで乾杯しよう!

あちら系あちら系

そーだ。俺ビリヤードで負けたから奢らなきゃ

TOMOTOMO

いーよ、今日は俺に奢らせてくれ!

ウルルサンセット

パスポートを見つけて、無事にホテルの戻ってきた直後のトモ↑

大きなヤマを終えた後、二人で飲んだ祝福のビールは、ウルルに来て飲んだビールの中で、一番美味しいビールでした。

このページが気に入ったら
いいね ! してね