この記事の読了目安は約 8 分です。

 

こんにちは、さだです。

意外と長くなりましたが

カナダワーホリで仕事を探す関連のラストです。

今までの記事は下記にリンクを張っておきました。

  1. お店のカテゴリー(ジャパレスとかカフェとか)
  2. 求人セクション(サーバーとかキッチンとか)
  3. ジョブインタビュー(面接)での会話
  4. トライアル時のポイント(お試し入店)
  5. トライアル時のポイント2
  6. トライアル時のポイント3
  7. レジュメの書き方とビザの期限

カナダトロントで仕事を探すための

最後のカテゴリーはレジュメの書き方とビザの期限についてです。

 

英語のレジュメの書き方については

こちらの記事も参考になります

英語のレジュメで差をつける!?社長に褒められるフォーマット

スポンサーリンク




面接に辿り着くためのレジュメとビザの期限

初めて英語でレジュメを書かなきゃいけないと知ったとき

えー大丈夫かな(・・;)

とかなり不安でした。。。

 

でも、自分が思うことはやっぱり周りも思ってる。

だから情報提供してくれてる人達がたくさんいます。

フォーマットやそのまま使える例文も載ってるし(・∀・)

 

詳しくは

英語のレジュメで差をつける!?社長に褒められるフォーマット

に書いてあります。

 

なので、今回は様々な人から聞いた話と
自分の実体験に基づいてシンプルにまとめます。

面接まで行き着くレジュメと連絡が来ないレジュメの違い

良いレジュメ

  1. 1枚に収める
    (見る人が見やすいです)
  2. 希望職種に関連したスキル&経験に特化する
    (知りたいことは関連スキルです)
  3. 不必要なものは出来るだけ省いてシンプルに
    (印象に残りやすいです)
  4. 面接官が突っ込みたくなる経験&資格を記載する
    (インパクトを与えます)

※以上を意識して書いてみてください。

 

4~5件実際にレジュメを持って行き面接を受けましたが

面接官は内容よりもパット見のレジュメの印象を

大事にしているように思えました。

 

見る人のことを思いやってシンプルにまとめましょう!

悪いレジュメ

  1. 2枚以上でダラダラ
    (読みづらいです)
  2. 希望職種に関係のないスキル&経験をダラダラ
    (ピント外れだと思われます)
  3. 不必要な文章が多い
    (何が言いたいのか分かりづらいです)
  4. さらっとありきたりな内容
    (”あなただけ、あなたしか”という個性が伝わりません)

※気をつけてもらいたいのは

エゴイスト的なレジュメにならないようにということです。

 

自分が言いたいことと面接官が知りたいことを

リンクさせなければ良いレジュメにはならないです。

ビザの有効期限で落とされる!?

雇用主にとっていつまで働けるかは重要です。

せっかく教えてもすぐにいなくなってしまっては

雇用主やスタッフも困ります。

 

なので、求人広告には最低4ヶ月以上のビザとか

6ヶ月以上のビザとか書かれてる場合も多いです。

 

4ヶ月未満になってくると

採用枠がかなり狭くなってくると思うので

ビザの残り期限を計算に入れながら仕事探しをしていきましょう。

カナダ(トロント)仕事探しのまとめ

ここまで読んで頂いた皆様

ありがとうございます。

 

なんだかんだ言ってきましたが

一番重要なのは面接(ジョブインタビュー)だと

僕は思います。

 

レジュメは面接までの布石!
(電話応募のみで当日レジュメ持参の場合もあります)

 

面接の雰囲気で合否が決まると思います。

 

トライアルはほぼ採用が決まったあとなので

一生懸命頑張るだけ!

 

分からないことだらけなので

最初から出来るとはほとんどの人が思っていません。

 

それよりも面接の時の印象で

これから成長していってくれるだろうと

思っているはずです。

 

P.S

無事採用された後に

トレーニング期間というものがあります。

仕事を覚える期間です。

 

企業やお店によって期間は異なります。

3日くらいのところもあれば

3ヶ月といった所もあります。

 

トレーニングとそうでない時の大きな違いを2つだけ言うと

給料教育です。

 

時給やチップがトレーニング期間中は

通常より少なかったりします。

 

でも、トレーニング期間中でも

普通にもらえるとこもあります。

実際に僕が働いているところはそうです。

 

そして教育者がいて重点的に教えられます。

ジャパレス以外では

一人で放り出されるところも多いと聞きますが…汗

 

オンタリオ州の法律で決まっているのか定かではないですが

働き始めて3ヶ月以内なら

雇用主は自由にクビを切れるし

従職者はすぐに辞職することが出来るようです。

 

けっこう友達が働いているサンドイッチ屋さんでは

バシバシ首を切られてるみたいです(・・;)

ジャパレスでは今のとこあまり聞かないですね。

 

完全英語環境が理想でジャパレスを敬遠する人も多いですが

マネージャーが日本人というのは

やっぱり安心できる要素の一つだと僕は思います。

カナディアンカフェからジャパレス(ラーメン屋)に移った友人も

もっと早くジャパレスで働けば良かったと言ってました。

 

ジャパレスの良さについては

また別の記事に書いていこうと思います。

 

まあどこでもメリットデメリットがあるので

あくまで参考程度にして

あなたの最優先目的を達成出来るような

良い職場を探してくださいねヽ(´▽`)

 

他のカナダワーホリ記事もよろしくです。

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/workingholiday-of-canada

このページが気に入ったら
いいね ! してね