この記事の読了目安は約 9 分です。

ちょっと怪しいとは思ったんだけどね。

これまでやばい時は何度かあったけど、なんだかんだギリギリでなんとかなってきたからさ……でも今回は、どーにもならなかった。完全なる敗北です。

日本からジャカルタ経由でバリ島に向かうフライトコース。僕らはジャカルタにて、kiwi.comで予約済みのフライトを泣く泣く見送りました。

その経緯と、次への教訓、戦友との出会いをお楽しみ下さい。

スポンサーリンク




そもそもコレを理解してなかった…。格安航空券を探してくれる「kiwi.com」の安さのカラクリ

スカイスキャナーbooking.comトラベルコなどなど、目的地までの格安航空券を独自のアルゴリズムで探してくれるシステムサイトがいくつかあります。「kiwi.comもその一つで、どのサイトよりも最安値を探すのに長けているように感じました。

なぜ同じ目的地に行く為の航空券に、値段の差が出来るのかを整理してみます。

  • 航空会社の違い-サービスの質や運賃などが航空会社によって違ってきます。LCCはサービスを最小限にして、機体の待合場所を空港直結にしないことで、格安航空券を実現しています。
  • グレードの違い-いろんなオプションが付いたファーストクラスとエコノミークラスでは価格に雲泥の差があります。
  • 直行便か否か-直行便と乗り継ぎ便では、かかる時間も行程も価格も違います。
  • フライト時間-体力的に辛い早朝便や深夜便は比較的安く、一般的に選択しやすい時間帯の便は価格が高くなっています。
  • トランジットの時間-時間が長いから(短いから)安いというわけではなさそうですが、乗り継ぎにちょうどいい便だけだと、探す範囲が限られます。探す範囲を広げることで、より安い航空券を探せる可能性が高くなります。

Kiwi.comが他のサイトと大きく違う部分は、最後に挙げた「トランジットの時間」です。

通常では、「コレ短すぎやろ」とか「コレ長すぎやろ」って乗り継ぎ航空券を親切にも!?独自のアルゴリズムで探し出してきてくれます。トランジットが長過ぎるのは、場合によっては好む人もいると思いますが、短すぎるのはまずい…乗り遅れたらそもそも安い意味がないので。

で、まんまと僕はこの罠にハマったわけです。

あきらめの悪い男が敗北を悟った瞬間

思えば成田の出国時にも、まぁまぁ危うい感じでソワソワしちゃってました。

でもなんとかなってしまう度に、根拠を上回る自信が積み上がっていきます。コレが危ないんですよね。失敗するまで気付かないっていうか。

既に予定より10分程遅れてジャカルタに着いた僕らは、不安を考えないようにして、なんとなく足早に国内線乗り継ぎへ向かいました。

初めての空港と微妙な焦りから、なかなか乗り継ぎ便のチェックインカウンターが見つからない。もうフライト時間まで20分を切っていたので、とりあえず人に聞いてみる。

あちら系あちら系

このフライトに乗りたいんだけど…

男性スタッフ男性スタッフ

あー、これはスカイトレインでターミナルを移動しないとダメだよ

そうか、僕らが降りた所は違うターミナルなんだ。冷静にeチケットを見ると書いてあるんだけど、まさか1時間25分しかないトランジットでターミナルを変更するなんて考えもしなかった…。

ふーさんふーさん

スカイトレインどこ?

あちら系あちら系

やばい…。まじでシャレんならん。

スカイトレインすら乗り場どこだよーって感じで人に聞いたりしながらなんとか辿り着いて、僕等がいたターミナル3から、ターミナル2に向かう。スカイトレインの待ち時間と移動時間でさらにフライトまでの時間が短くなる。

あちら系あちら系

もうきっとダメな確率の方が高いけど、もしかしてフライトが遅れていたりしたらいけるかも…

っていう淡い期待を抱き、せっかく予約した便を諦めきれなかった。

ターミナル2に到着!とにかくダッシュ!!こーいう時は人に聞くのが一番早い。サービスカウンターの場所を教えてもらって駆け込む!

あちら系あちら系

この便に乗りたいんだけど。

男性スタッフ男性スタッフ

この便はターミナル1Bに行かなきゃ乗れないよ。

ふーさんふーさん

最初の人が1Bって言ってた!

あちら系あちら系

えっーーーー。

そーいえば最初に聞いたおっちゃんが確かに1Bって言ってた!なぜいつのまにかターミナル2にすり替わっていたんだろー…。おそらく理由はバリ島の空港(デンパサール空港)の到着ターミナルと僕が見間違えていたから。既にこの時、フライトオンタイムくらい…。

あちら系あちら系

ちょっと航空会社に(待っててくれないか)尋ねてみて欲しいんだけど…。ダメ?

男性スタッフ男性スタッフ

ごめんね。申し訳ないけど、あなた達が行って航空会社のカウンターの人に言ってみて

そうだよね、僕らの為に飛行機を遅らせるなんて頼む方も辛いよね…。というか他の乗客に迷惑すぎる。。。

とりあえずターミナル1に向かった。もうさすがに間に合わないだろうから、あとはチケットを無料で次の便に交換してくれることを祈ろう。

あちら系あちら系

もうこの便行っちゃったよね?ここに来る飛行機が少し遅れて…。他の便に変えてもらえますか?

女性スタッフ女性スタッフ

確認するので少々お待ちください

-2,3分待つ-

女性スタッフ女性スタッフ

次のデンパサール行き最終便をお取りしました。あちらで受け取ってください。

ふーさんふーさん

わー、取り替えてくれたのかな?

あちら系あちら系

どーだろー、まだ分かんないけどそーかもね

……チケットカウンターでフライト時間の確認をされ、その後しっかり料金請求されました(7000円くらい)唯一の救いは国内線だから、チケット価格がそんなに高くなかったこと。これが逆に国外線だったらと思うと……。帰りが危うい。ちょっと考えねばなりませんな。

B級お土産で人気のpop mie を食べて、気を紛らわす

僕らがチケットを買っていると、横から

「遅れた?」

と声をかけて来たアメリカ人のダンケンさんもまた、同じkiwi.comでチケットを購入し、乗り遅れたらしい。

ダンケンさん「ちょっと飛行機遅れたから…」

そうだ、それが原因だ!ダンケンさんは日本に住んでて、成田から僕らと同じ便に乗って来ていた。なんか少し救われた。僕らだけじゃなく、やっぱりこの乗り継ぎには無理があったんだと、納得出来た。ダンケンさんのお陰で、もしもターミナルを間違えていなかったら……という後悔をしないで済んだ。

とりあえず次のチケットを購入出来た事と、戦友に出会えたことでホッとしたのかお腹が減ってきた。まだインドネシアのお金(ルピア)を持っていなかったけど、ふーさんがクレジットカードでカップラーメンを買ってくれた。他の人のブログによると、B級お土産のオススメ品らしい。購入したあと、スタッフがお湯まで入れてくれる謎のサービスを受け、インドネシアの日清カップヌードルとも言うべきpop mieを頂いた。

あちら系あちら系

おっ!これはっ。

今まで食べた海外カップラーメンの中では、かなり安心して食べれるお味でした。

さて、無事にバリ島に着くといいな。

このページが気に入ったら
いいね ! してね