ちゃんと決めてる!?ワーホリで仕事を探すなら希望セクションをはっきりと

この記事の読了目安は約 9 分です。

 

 

こんにちは、さだです。

 

トロントでの仕事探しに欠かせない要素として
希望セクションをはっきりと決めておくことを
オススメします。

 

今回は前回の続きで

 

  1. お店のカテゴリー(ジャパレスとかカフェとか)
  2. 求人セクション(サーバーとかキッチンとか)
  3. ジョブインタビュー(面接)での会話
  4. トライアル時のポイント(お試し入店)
  5. レジュメの書き方とビザの期限

 

の中の『求人セクション』についてのお話です。

 

前回記事はこちら⇒お店のカテゴリー

 

 

なぜ求人セクションを決めておくほうがいいの??

 

その理由は3つあります。

 

レジュメに書く内容が違ってくる
仕事探しの時にセクションごとの求人が出てる
面接時に話す内容が違ってくる

 

1、レジュメに書く内容が違ってくる

 

例えば、同じレストランでも
キッチンとサーバーでは必要スキルが違います。

 

その必要スキルに類似した内容の方が
見る人も分かりやすく
より面接が行い易くなり採用もされやすくなります。

 

特にこっちの人は抽象的なスキルよりも
具体的なスキルを求めています。

 

レジュメの書き方はこちらの記事を参考にしてください
英語のレジュメで差をつける!?社長に褒められるフォーマット

 

なので、セクションを決めておいた方が
無駄なレジュメを作成する必要がなくなります。

 

ただ、何でもいいから働きたいと思うのであれば
2~3種類くらいレジュメを作って
面接場所によって変えるのもありだと思います。

 

僕はちなみに2種類(サーバー用とキッチン用)
作成しました。

 

 

2、仕事探しの時にセクションごとの求人が出てる

 

日本人が多く活用している求人サイトに
e-maple
というのがあります。

 

ここでの求人のほぼ全てが
セクション別に求人を出しています。

 

それだけはっきりと
どんな人材が必要でどんなスキルを求めているかが
明確なんです。

 

セクションを決めておくことで
求人を絞れて探しやすく
同時進行で何件もやりとりしてる場合
混乱しないで済みます。

 

 

3、面接時に話す内容が違ってくる

 

面接時に聞かれることは様々ですが
そのセクションならではの質問も
中には含まれています。

 

即戦力になるのかならないのか
今後に期待できるのかを
面接時に判断している面接官もいます。

 

セクションにマッチした内容で
はっきりと簡潔に話せたほうが
採用確率はあがると思います。

 

その為の心の準備とシミュレーションが
大事になってくると思います。

 

以上の3つのことからセクションを絞っておくことをオススメします。

 

 

僕が決めておいたセクションと決まらない人の決め方

 

僕の場合

 

 

僕は初めに2つのセクションに絞りました。
そして2つのセクション用のレジュメを作成しました。

 

作成したレジュメを
お世話になってる日本人エージェントの社長さんに
見てもらいました。

 

その社長さんの会社はこちらです
http://www.rookcanada.com/

 

すごく素敵な社長さん&スタッフさん達が働いているので
是非どこのエージェントを使おうか迷っているなら
そこに行ってみてください。

 

マニュアル通りのアドバイスではなく
その人にとって的確なアドバイスをしてくれます。

 

その人に言われたのが

「レジュメはとてもいいね。でも英語があまり話せないのにサーバーは無理だよ。そんなに甘くない」

わー(>_<)はっきり言ってくれるなー(;▽;)

 

でもそのおかげで無駄な時間をかけることなく
仕事が決まったのだから感謝です!

 

レストランのキッチン系で
英語をあまり必要としていないセクションに絞って
探すことが出来ました。

 

更に面接時にも

「あなたはお店に対してどんな貢献ができますか?」

「将来的にどんなことがしたいですか?」

などの問いにはっきりと言いたいことを
伝えることができました!

 

 

女の子Bさん(セクション関係なし)

 

 

セクションを特に決めていなかったBさんは
まずレジュメが一緒でした。
広く経歴などを書いているので2枚以上に
なっていました。

 

これだと見る人がどこを読んでいいのか
分かりにくいです。

 

そして、ここ重要なんですが
最も伝えたい部分が薄れてしまいます。

 

レジュメはプレゼン資料みたいなものです。
だらだらエゴイストに書くのではなく
最も伝えたい部分が
しっかりと相手に伝わるように作るべきだと思います。

 

そうすれば面接時にもレジュメを見て突っ込まれることが
ある程度予測出来ます。

 

上記の点から
求人セクションは1つに絞っておくのがベストかなと
個人的には思います。

 

 

求人セクションについてのまとめ

 

セクションを1つに絞ることで
確実に仕事を探す効率が上がります!
変に迷うこともなくなります。

 

何回か面接を受けているうちに
質問に対しての返答もスムーズになります。

 

幅広く探した方が受け皿が大きいと思いやすいですが
レジュメもその分作成しなきゃいけないし
面接時には希望セクション以外のセクションに関しては
あまり聞かれません。

 

なぜなら求人していた内容に合う人だけを
求めているからです。

 

キッチンを募集しているのに

「レストラン経験が豊富です。でも、サーバーとしてです」

ではダメだということですね。

 

次回は、ジョブインタビュー(面接)についてのお話です。

 

他のカナダワーホリ記事は下記URLから

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/workingholiday-of-canada

 

 

このページが気に入ったら
いいね ! してね