この記事の読了目安は約 3 分です。

こんにちは、さだです。

実は意外と多いのが今回の質問です。

立てないです。

まず、下記参考動画をご覧下さい。

ポイントを整理してみましょう。

  1. お尻をボードに近づける
  2. 斜め前に一気に立つ
  3. 膝は曲げたまま
  4. 腰を高く持ち上げる
  5. 腰をプイっと出す

座っている位置に、傾斜があればあるほど立ちやすいです。リフトから降りたら、平地で両足を履くのではなく、ある程度の斜面までスケーティング&サイドスリップしていってから両足を履いたほうが、立つとき楽ですね。慣れれば、どこでも立てるようになるので、安心してくださいね。

立つときはボードつかむって聞いたけどどうなの?

まず、下記参考動画をご覧下さい。

立ち方の1つの方法ですね。方法が違うだけで、1つ目の動画とポイントはほぼ同じです。

『立ち方』のまとめ

今回のポイントをしっかりと意識して、立ち上がってみてください。

一度立てるようになると、何で今まで出来なかったんだろうって思います。それはそのはずです。足が固定されている状態で立ち上がる動作は、日頃の生活でないからです。でも、ボードを履いて立てるようになったあなたは、新しい動作が脳にインプットされるので、今度は簡単に出来るようになるんです。一度だけ立てるようにがんばりましょう。

 

他の視聴者の質問が全て見れます⇒スノボQ&A

 

★ブログランキングに参加しました。

あなたの応援クリックを夢見て、これからも記事を書き続けたいと思います。

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ

 

世界は広い。そしてクレイジーだ!!

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/movie

 

初心・初級者に愛のひげを

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/howto