この記事の読了目安は約 7 分です。

こんにちは、さだです。

つい最近、トロントに来て初めてクラブに行きました!

 

 

そんなにクラブ通いする方ではないんですが

たま~に行くと面白かったりします。

 

海外旅行行った時とかはけっこう行きますね。

今回は大きなクラブイベントがあると

友達に誘われたので

それじゃあ行こうーという感じで。

 

よくありますが

かなりイベントの案内と違うところがあったので

皆さんにシェアしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




イベントの簡単な紹介

 

どんなイベントだったの!?

 

なんかよく分からないですが

そのクラブの1周年アニバーサリーのパーティーみたいです。

 

DJがたくさん集まって

交代でテーブルを回します。

 

日本人のDJもいたようです。

 

 

open~closeは?

 

22時~5時まででした。

僕はちなみに1時頃~3時半頃までいました。

 

 

曲は?

 

トランス、hiphop系がほとんどでした。

僕はあんまり好きじゃないジャンルです 苦笑

 

 

イベントの案内と違うことと更に…

 

イベントの案内には30$と書かれていたのに

行ってみると40$に…

 

僕は友達からディスカウントでチケット買っていたので

20$でしたけど。

(そのチケットにも30$ってかいてあるしね)

 

深夜料金になったのなら仕方ないって感じになってましたが

そもそも深夜に値段が上がるなんて

日本のクラブであったっけ…

僕が知らないだけか?

 

今まで行ったことのある海外のクラブは

前もって値段を調べて行ったことないから分かんないけど。

 

更にそのチケットの中に

1ドリンクすらついてない!!

 

早めに入ってた友達はついてたらしいけど

僕が行った時間帯にはもう

ドリンクチケットが終わってしまったって言われた…

 

終わらないくらい用意しとくだろ普通。

もしくは終わっても代用品用意するだろ…

訳の分からない言い訳でぼったくり感満載でした。

 

せっかく入ったから少しでも楽しみたいと思ってたけど

曲調もワンパターンだし

正直全然楽しくなかったです。

 

一緒に来た友達も早々に帰ってしまったし…

なんか誘った手前すごい罪悪感でした(´△`)

 

その中の一人はジャマイカンな彼で

いつもノリがいいから意外だったんだけど

あんまりクラブは行かないらしい。

 

すごくいいやつで日本語もうまくて

「僕はあんまりクラブとか行かないけど、誘われたのがあなただったから今日は来たんだよ」って。

言ってくれてた。

なのに、なんか楽しませられなくてごめん。

 

 

今回の1件で学んだこと

 

よく分からんお金のかかるイベントは

友達を誘うのをもう少し考えたほうがいいということ

 

DJやイベントに左右される楽しさには

当たり外れがあることを認識しておかなければいけない

 

なんか今日は久々に楽しくない日だった。

 

最後も皆バラバラに帰って

残ったのは僕ともう一人だけ。

 

せっかくだから少し踊って帰ろうかみたいな…

でも客層もとりあえず暴れようぜって感じの子も多く

一番混んでる所で周りを押しまくってた

まじで無理っすそーいうノリ!

 

一緒にいた子は若いのに出来た子で

なんかそんなに曲は良くなかったけど

楽しめましたって言ってた(´△`)

 

ええ子やな~

どんな状況でも楽しさに変換できることはすごいことだね。

 

皆今日はごめんなさい。

 

誘った友達のつまらなそうな顔が気になって

一緒に楽しむことができなかった誘ってくれた友達

ごめんなさい。

 

楽しませることが出来なくて

なんか付き合わせちゃった形になってしまった

僕が誘った友達

ごめんなさい。

 

はあ~…。

 

まあでもその中でも

最後まで一緒にいた子といろんな話が出来て良かったかな。

 

期限付きのワーホリ生活。

せっかく仲良くなっても

話したいこと話せないまま終わっちゃうのは嫌だから。

 

なんか愚痴っぽくなってしまってすいませんでした。

 

お金、時間、友達の信用のかかることは

もっと下調べが必要ですね。

 

 

他のカナダワーホリ記事は下記URLから

https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/workingholiday-of-canada

 

このページが気に入ったら
いいね ! してね