この記事の読了目安は約 3 分です。

ヒント:これがないとカレーにならない

こんにちは、さだです。

さあいよいよ今日で

カービングターンに必要な材料が全て揃います!

 

前回までの記事はこちら

カービングターンに絶対必要な材料vol.1【荷重】
       〃        vol.2【スピード】

スポンサーリンク




カービングターンに必要な材料vol.3

最後は『角づけ』です。

カレーで言うなら”ルー”の部分です。

 

vol.1&2で、

人参やじゃがいも、玉ねぎが入りました。

 

でも、最後にルーを入れなければ

なんの料理か分かりません。

味噌を入れたら味噌汁になってしまいます。

 

と分かりにくい例えをしましたが

それくらい重要な部分です。

ここを間違えると何ターンか分からなくなります

『角づけ』

聞き慣れた言葉かもしれません

でも今一度しっかりと

カービングターンに必要な『角づけ』を

確認してみてください!

角づけ時にここを間違えると変な滑りに…

動画で親父インストラクターがお伝えしたとおり

角づけの方法の1つに体を倒すというやり方があります。

 

体を倒すことを意識すると

けっこう倒しすぎちゃう人が多いです。

僕もそのうちの一人なのですが…(ノ∀`)

これだとバランスが取りにくかったり

姿勢が悪くなったりと、いいことがありません。

 

なので体を倒す時には

斜面やスピードに合わせることが大事です。

 

正確に何度というのはありませんが
(身長や体重、雪質によっても違うので)

基本的にスピードが早ければ角度をつけられるし

遅ければそこまで遠心力が働かないので

体を倒しすぎると転んじゃいます

 

適切なバランスを保てる位置を探してみてください。

理想は板の角度と体の倒す角度を同じにすることです。

難しいですが是非意識しながら滑ってみてください!

確実に滑りが変わりますよ(^O^)

 

親父の初心者メソッド

このページが気に入ったら
いいね ! してね