この記事の読了目安は約 7 分です。

こんにちは、さだです。カナダ国民がなにかと活気づく1日!毎年7月1日に訪れる『カナダ・デー』。この日もまた、至る所で楽しそうなイベントが開催されます。

その中でも特に僕の友達が好んで行っていたのは、トロントアイランドの野外フェス。夏を感じますよねやっぱり。いい音楽を聴いて、踊って、美味しいもの食べて、仲間と笑いあって。そして何といっても、夜は花火が打ちあがるのを島から眺めることが出来ます。なんて素敵なんだろう(T_T)

でも、僕はそんな素敵なイベントを差し置いて、前から行きたかったcabana pool barに行くことに決めました!決め手は、前から行きたかった事と、友達から誘われたことと、カナダデーらしいオールレッドのパーティーが楽しそうだったこと。エントランスフィーは正確には忘れちゃいましたが、30CADくらいだったような…ホームページでイベントごとの料金をチェック出来ます。ちなみにソファー席とか借りることも出来ます。ボトルとかおつまみとかついて1000CAD~みたいな感じです。

 

※料金上のご注意

ここはイベントごとに料金が違うので、注意しなければいけません。プールに入るには、タオルチャージのように別途料金がかかるそうです。友人に招待されるなどのイベントによっては含まれているケースもあります。
3時までフリーとか書いてあっても、大きなイベントは行列が出来るので数時間前から並ばないと、入れません。(並んだ時間が3時までではないですよ)

 

スポンサーリンク




Cabana RED party

僕が参加したのは、比較的新しいイベントで、始まってまだ2015年現在で2回目。カナダの国色は『RED』。当日はドレスコードが『赤』のパーティー。そして、有名DJ(僕は詳しくないので分からないですが)が素敵な音楽を流してくれます。だいたい聞いたことあるような有名な曲流してくれるんですが、あんまり洋楽とか知らないなあって人は、youtubeで『2016 洋楽ヒット』とか入れてTOP100とか入ってる再生リストを聞き続けていれば、大丈夫です。どうせ行くなら知ってる曲が多い方が楽しいです(^^)/

 

ドレスコード違反をしたら入場拒否!?

まず、『レッド』はもちろんOK!『ホワイト』もセカンドカラーなのでOK!『ブラック』はレッドに合うのでOK!正直あまりに奇抜な色でなければドレスコードってあってないようなもんだと感じます。ビッグイベント程カモフラージュされますからね。ただ、やっぱり周りはほとんどどこかしらに『レッド』を身につけ、他の色も『ホワイト』が多い。なので、それ以外の色の服装だと、入場は出来ても気持ち的にアウェイ感満載です。なのであまりお勧めしません。

こーゆーイベントって統一感というか、親近感みたいなものを楽しむのが醍醐味かなって個人的には思います。【同じ日を同じ場所で同じカラーで】お祝いしようーみたいな。

あとその時の入場審査官が厳しくて、入場拒否される可能性だって100%無いとは限らないですからね。せっかく来て長い間並んでこの日の為に予定も空けたのに入場できなかったら泣きそうですしね。

 

入場したら何するの?

席があれば先に取っちゃって(注:ソファー席はリザーブシートなので予約しないと座れません)、荷物があれば貴重品以外をロッカーに預けちゃって、身軽になったところでお酒♡とつまみ。お酒は通常のバーくらいの値段です。カクテルの種類はそこまで多くありません。とりあえず立ち疲れた足を休めて、乾いた喉にガソリンを注入してください(>_<)そして、テンションが上がってきたら、中央のビッグスクリーン下がダンスフロアみたいになっているので、友達とワイワイしにいきます。ダンスはあんまり好きじゃないという人は、テーブルで飲んでてもいいし、ビリヤードをしたり、イベントモデルみたいなお姉さんがフラフラしてるので一緒に写真を撮ってもらったり、トロントの町や湖の景色を眺めてボーっとしたり。ちなみにこのここからのCNタワー(カナダにある東京タワーみたいなもの)の眺めが一番僕は好きです。

 

バカな男のやっちまった話

僕はこの日、男2人と女の子4人でこのパーティーに行きました。ロッカーに荷物を預け、集合場所へ。羽織っていたものを脱いで薄着になった女の子達が出てきました。初めて薄着になった姿を見た子もいました。こーいう書き方するとなんか変態みたいで嫌です 苦笑 その中に割と童顔な女の子がいました。会うのは5か月ぶりくらいです。その女の子に対して「あれ○○ちゃん、なんか太った??」

(;´Д`)(はっ!やばい!ついっ!)

ここから言い訳が始まります。

「いや、違う。すごくグラマラスだねって言いたかったんだよ!」

いや、違うんです。これは言い訳でもなくてけっこう本音で、顔が幼い感じの女の子ってなぜだかグラマラスなイメージはしなくないですか?なのに、予想に反してとってもグラマラス!照れ隠しでつい、太った?なんて言っちゃいました。ホントなんです。この記事を読んでる皆さんは信じてください(T_T)

もうね、これを言ったとたん女性陣から大大大バッシング(汗)そーですよね、女性に対して絶対言っちゃダメなワードですよね。知ってます。本当に未熟者でした。パーティー中一旦分かれて、合流した時も

「ちょっと~ずっと気にしてるよ~。フォローしなよ~」って周りの女性陣からバッシングアゲイン(泣)本人はあんまり気にしてないって言いながらも、顔が絶対気にしてる…結局パーティー中ずっと禁断のワードを言ってしまったことに後悔をしっぱなしでした。

男性陣の皆さん、分かってると思いますが気を付けてくださいね。水着や薄着になったときの女性への第一声は、「awesome beautiful(すごい綺麗)」「it looks great on you(それとってもよく似合ってる)」の類です!!間違っても「太った?」なんて聞いちゃだめですよ!!!!!

 

カナダワーホリ

このページが気に入ったら
いいね ! してね