この記事の読了目安は約 7 分です。

 

こんにちは、さだです。

今回もラスベガスのオススメオプショナルツアーを

実体験をもとにご紹介します。

 

こちらから他のオプショナルツアー体験も見ることが出来ます
https://xn--o9jzivbt4e3jb4423f73xa2cq5o1e.net/?p=506

 

 

スポンサーリンク




大自然をバギーで走る

 

アメリカンスタイルなバギーに乗って

ギャングのように大自然を滑走します。

そのツアーの流れと見所やリアルな感想をお伝えしていきます。

 

 

バギーの乗り場まで送迎

 

このツアーも現地集合ではなく

ホテルまでシャトルバスで迎えに来てくれました。

 

バンタイプのハイエースみたいな車でした。

乗り心地は揺れるし、あまりよくないです。

まあそれがまたアウトドア感が出て、いんですけどね。

 

街から離れ、大自然とバギーを積んだトラック以外

何もない場所に連れて行かれます(・∀・)

 

 

どんな人たちが参加するの!?

 

 

見渡す限り、山、岩、大地。

そしてふと一緒に参加している人の面々を見てみると

 

日本人は僕ただひとり。

白人の方が多かったですね。

だいたい家族や友人と来てる人達でした。

カップルはあまりいなかったですね。

僕が気付かなかっただけかも…

一人で参加してる人も僕の他には誰もいなかったです。

 

 

出発の準備

 

 

 

トラックからバギーが取り出され、

参加者それぞれにヘルメットが手渡されました。

装備はそれだけです。

後は己の体のみ《゚Д゚》

運転は簡単ですからね。安定感のある4輪バイクみたいなものです。

 

 

一列になってビューンと出発~

 

[youtube width=”600″ height=”400″]https://www.youtube.com/watch?v=8oEzT_yu58A[/youtube]

 

さあ、隊列を整えたらレッツゴー♪

なんか皆知らない人だけど、大勢でガタガタ走るとおっもしろーい(・∀・)

おりゃおりゃーって感じで安全ギャング運転(・∀・)

 

 

休憩とかあるの!?

 

[youtube width=”600″ height=”400″]https://www.youtube.com/watch?v=H9-AfInYZ8o[/youtube]

 

 

途中名前のある岩や景色の綺麗なところで

休憩タイムがあります。

けっこう何回も休憩しました。

やっぱり写真撮影もしていきたいですからね。

旅行者に嬉しいツアーになってます。

 

 

ピーカンの空の下で最高の昼飯を

 

 

ツアー代に含まれているので

お昼ご飯も出ます。

 

砂漠地帯ではどこも暑い。

なので巨大な岩がたくさんあるところで

日陰に入ってお弁当を頂きます。

これがまたうまいんだヽ(*´∀`)ノ

いやー究極のアウトドアですねこりゃー。

 

英語なんて98%くらい話せないけど

せっかくだから話しかけてみました。

 

ハロー、ナイストゥミーチューマイネームイズ…

話しかけた方は笑顔で返してくれました。

 

きっとこいつは英語が出来ねーやつだな、

と思って笑っていたのかもしれませんヽ(・∀・)ノ

でも自己満なんで、いいんです。

 

相手が言ってることも自分が言ってることもよく分からんけど

外国人に話しかけたというだけで

なんか満足しちゃってる若き日の僕です。

今でもあんまし変わらないかも…

 

 

オレは自由なギャングだ!移り変わる景色に心奪われて

 

 

しばらく走ると、すっごく拓けた荒野に出ます。

まるで北斗の拳の世界。←ご存知ない方はごめんなさい。

 

見渡す限り地平線。で、たまに木。岩。

西部映画のような赤茶色の土に広大な大地。

 

警察もいない、スピード規制もない、

邪魔者もいない、俺は自由なギャングだヽ(*´∀`)ノ

イヤッホー!!!!!!!!!

 

 

このツアーはかなり楽しいです。

 

 

このバギーツアーは個人的にはめちゃくちゃおすすめです。

 

自分でバギーカーを運転する楽しみ、

気持ちの良い風を受けながら大自然の観光が出来る。

一緒に参加した人がなんとなく笑顔になる。

 

すごく素敵な体験でした(*゚▽゚*)

ラスベガスの自然を体いっぱいに刻み込みました。

その日はずっと清々しい気分でしたとさ(´∀`)

 

そのほかの海外旅行関連記事も是非ご覧下さい。
あちら系日本人の海外旅日記

 

 

このページが気に入ったら
いいね ! してね